違法金利は暴利となる

お金違法の金利を放置すると、ヤミ金被害の特徴として、さらに追加で支払いを求められ、最終的にどうしようもなくなる状況に追い詰められてしまう可能性があります。違法金利は当然、暴利であり、複利に金利をつけることは違法です。しかし、ヤミ金は独自の金利、独自の請求方法で借りた人を追い詰めていきます。場合によっては乱暴な言葉や脅し文句が含まれることもあり、金利制限法だけではなく脅迫に該当する取り立てを行うことも珍しくありません。もし、このような理不尽な取立てを放置してしまうと、ヤミ金はさらに借りた人につけこみ、更なる返済を求めてくることも珍しいことではありません。

そのような泥沼に陥らないためにも、早い段階で「違法金利」である状況を正しく認知し、返済不要であることをヤミ金につげてすっぱりと関係を切ることをしなければ、さらに嫌がらせや不法な取立ては続くことになります。結果として元本の2倍、3倍など違法金利を支払う結果になることも珍しくありません。ヤミ金への返済は法的にも「返済不要」と過去の判例で示されており、悪質な場合には元本も返済不要となる場合があります。個人で対応するには手に余ると判断した場合、法律の専門家である弁護士に任せて解決を図りましょう。

関連サイト_弁護士法人アディーレ法律事務所