悪質な取立てには断固とした態度を

電話に出る男性ヤミ金の手口は「貸したから自分の設定した金利で返済しろ」という強硬な姿勢としつこい取立ての手法です。一度借りると、元本を返済したとしても何度もしつこく、取立てに合い、被害に遭った人は精神的に参ってしまい、最終的にヤミ金の言いなりになってしまうことがあります。しかし、多少の金利を支払っても引き下がることは稀で、また何かと因縁をつけて返済を迫ってきます。金利は法定金利を大幅に上回っており、元本以上の金利の返済を求められることも珍しくありません

ヤミ金は「付き合わない」「関係しない」ことが最も望ましいとはいえ、お金に困ってしまい、借りてしまったときには、どこかできっぱりと関係を絶つことが必要です。放置しておくと、元本に対して金利を法律では禁止されている「複利計算」によって雪だるま式に増やしていき、最終的に返済が難しい状況に追い詰められてしまいます。悪質な違法金利で取立てに合い、黙って「自分が借りたから悪い」と泣き寝入りせず、断固とした態度で臨み、対処することが望ましいでしょう。悪質な取立てを放置するのではなく、どこかで毅然とした態度で断ることが大切です。問題を先送りせず、場合によっては弁護士から「支払いは必要ない」という態度で臨むことをおすすめします。